サイエンスゴルフアカデミー/知らないと損するゴルフクラブ選び情報

ゴルフクラブ ドライバー 評価 評判 ランキング 上達情報満載
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

fOURTEEN/フォーティーン_2008年モデル試打評価

0
    fOURTEEN/フォーティーン_2008年モデル試打評価です。

    個人の印象ですので、絶対的なものではありません。

    ご了解ください。

    まずは

    限定数千セットのウエッジセットです。



    見た目は難しい印象はなく、アベレージゴルファーでも
    使えるでしょう。限定品好きにはお勧め。
    正直に価格と性能&外観が比例しているとは思えません。

    フォージドアイアンTC1000



    バックのデザインがフォーティーンらしくない・・・
    優雅さ繊細さに欠けると感じました。
    打ってもこれと言った特徴も感じません。

    複合構造アイアンPC660



    デザインはフォーティーンらしい感じ。
    構えるとヘッドが大きい〜
    ネックに比重の重い合金が使用されていて
    重心距離が短くフェースが返りやすくツカマリ良いと説明受けました。
    疑問に感じたのは、この設計では慣性モーメントは小さいくなり
    大型ヘッドになっていてもスイートエリア狭くなるのでは?
    ないかと・・・実際に打ってみるとボールが軽い印象がありました。
    フェースには当たるぞという安心感が欲しい人にお勧め。

    ドライバーJC707



    大型ヘッド長尺ドライバーです。構えると長いな〜と感じます。
    実際にボールを打つと、真っ直ぐ飛んで悪い印象はありません。
    長尺=ヘッドが軽いと言うことです。
    ヘッド強度の関係から軽量化のためにサイドの肉厚を薄くしているとのこと。
    これも慣性モーメントが減る方向なので、大型ヘッドながらフェースが返りやすいが
    スイートエリア狭くなるはずである。このクラブも芯で当てる技術が要求される。

    キャディーバック



    軽い色使い。素材も軽い感じ。重厚感はありません。
    カジュアル思考の方に良いでしょう。

    残念ながら当店への試打クラブ供給はありません。

    ご了解ください。

    **************************

    フィッティングスタジオの予約状況は
    TOPページ > 左側アクセスカウンター下 > スタジオ空き状況 から
    リアルタイムで確認できます。

    *トップページはここから!
     フォーティーン | permalink | comments(0) | -

    フォーティーン_TC770フォージド打ってみた!

    0



      お客様がフォーティーン_TC770フォージド打ってみたい!

      要望にお応えして試打クラブを借りました。

      本日到着しましたので、さっそく試してみました。

      形状はオーソドックスで、嫌いという人はいないでしょう。




      日本のゴルファーが、見た目で嫌う全ての要素を

      排除した優等生的な形状のアイアンと感じました。



      研磨やミラー仕上げは本当に美しく

      このまま飾っておきたいと思うほどです。

      入荷したクラブはNS-950のRフレックス。

      打ってみると、イメージよりボールは上がりやすい

      と感じました。

      振っていて違和感を覚える癖は感じません。

      打球感は、フォージドの割に硬い印象があります。

      マッスルバックに近い感覚を求めて購入する

      クラブではないと感じました。


      ライ角&ロフト角が調整できる

      キャビティーアイアンとして

      選ぶと満足出来るでしょう。

      カスタム組み立で

      グラファイトデザイン社の

      TOUR ADシリーズ

      装着可能ということです。

      全てにおいて優等生的クラブ!
       フォーティーン | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

      フォーティーンUT-106打ってみた!

      0


        数日前に、フォーティーンの新ユーティリティーUT-106を試打しました。

        構えて感じることは、グースが少なくリーディングエッジが

        <出歯>になっているように見えると言うことでした。

        これは悪い印象ではなくボールを上げやすいイメージです。

        打ってみると1発目はフック

        調整しても軽いドロー系のボールで飛んでいきます。

        これはとてつもなくツカマリ良いなと感じました。

        ロングアイアンやショートウッド等のどのモデルを打っても

        スライスから抜けられない人にはお勧めです。

        打球音も心地よい金属音でGOOD!打ち出されたボールは

        初速く高弾道で飛び出します。

        クラウン部の薄いチタンが性能に貢献しているとおもいます。

        ハーフトップ気味でもボールは十分上がります。

        重心は相当下がっているのでしょう。

        払い打ちタイプのスイングでボールが上がりにくく球筋が

        スライス傾向の人には最高のクラブです。


        残念ながら超低重心ヘッドの問題点であるフェース上部で打ったときの

        打感の悪さとドロップ気味の弾道はしようがないかな〜

        ダウンブローに打ち込むスイングの人にはお勧めできません。

        装着されるシャフトは純正で標準的な重量ですが、

        手元側には適度に硬さを感じ振ると、軽く感じました。

        海外大手メーカーの低価格クラブのシャフトより少し硬い感じです。

        弾性率の高い高級カーボン素材を使用しているのは間違いないでしょう。

        振りにくさはありません。私はこれくらの硬さが適正かなと思います。

        当店でも試打クラブを準備する予定になっています。

        お気軽にご来店いただきお試しください。
         フォーティーン | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

        FOURTEEN/フォーティーン JC606の試打クラブ入荷しました。

        0
          FOURTEEN/フォーティーン JC606の試打クラブ入荷しました。



          ロフト10度

          45インチ

          Rフレックス

          アドレス時、軽くフックフェースに見えます。

          ツカマリ抜群!
           フォーティーン | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

          FOURTEEN/フォーティーンの新パターBRシリーズが入荷

          0
            FOURTEEN/フォーティーンの新パターが入荷してきました。

            BR-2が良い感じです。

            グリップの色に関しては、好みが分かれそうですが、

            ヘッドカバーは、流行のcomo!como製でおしゃれな感じです。
            ヘッドカバーだけ欲しいと言う問い合わせが、殺到しているそうです。

            カバー単体は5月以降販売されるようです。

             フォーティーン | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

            FOURTEEN/フォーティーン史上最高傑作 JC-406・JC606はお勧めです!

            0


              数日前に、FOURTEEN/フォーティーンの新ドライバーを試打しました。

              数球打っただけで<これは良いかもしれない!>と感じました。

              打球音も心地よい金属音でGOOD!打ち出されたボールは初速が速く

              <高反発じゃないの?>と疑いたくなるほどのスピードです。

              弾道も良い感じでした。ヘッドの構造はPRGR/プロギアから発売された

              T3に近い感じでフェース部とクラウン部に特殊なチタンが溶接で結合しています。

              想像ではクラウン部の薄いチタンが性能に貢献しているとおもいます。

              装着されるシャフトは純正でRが55gSが60gです。

              標準的な重量ですが、手元側には適度に硬さを感じ振ると軽く感じました。

              大手メーカーの低価格ドライバーのシャフトより少し硬い感じです。

              弾性率の高い高級カーボン素材を使用しているのは間違いないでしょう。

              振りにくさはありません。私はこれくらの硬さが適正かなと思います。

              JC606はヘッドサイズが430ccながら、とてもツカマリが良いクラブになっています。

              大きいヘッドが好みで、右へのミスを減らしたい人にお勧めです。

              スイングにボールを捕まえる動きがある人が使うと左へ飛びやすい

              ので注意しましょう。このタイプの人はJC406をお勧めします。

              ヘッド体積が410ccで、叩けるヘッドになっています。

              ツカマリもそこそこでしっかり振れる中・上級者にお勧めです。

              体力に自信がある人にとっては、シャフトの重量が軽いので物足りない感覚が

              あるかもしれませんので、注意してください。

              両モデルとも完成度が高く素晴らしいドライバーになっています。

              4月中旬からの販売になるそうです。見かけたら試打してみることを勧めします。

              低反発時代を迎え新しい設計の主流になるかもしれない予感があります。

              当店でも試打クラブを準備する予定になっています。

              お気軽にご来店いただきお試しください。


              ●●●●当店のホームページも面白い!トップページへGO!●●●●

               フォーティーン | permalink | comments(1) | trackbacks(0)
              ゴルフスイングとゴルフクラブの選び方:サイエンスゴルフアカデミー